当院はコロナウイルス感染症対策を徹底しています。詳細はこちら>

産後の手首の痛み(腱鞘炎)の悩み

腱鞘炎、手首の痛み

子育て中に「手首が痛い」とお悩みの方へ

産後の悩みとして多い「手首の痛み」

  • 子供の抱っこがきつい…
  • いつも同じ姿勢、子どもを支えているせいか手首が痛む
  • 関節が痛くて、使いすぎといわれた

と手首の痛みを相談されることも多いです。

西尾市の接骨院スマイルでは、これら、産後の子育てによくある「腱鞘炎」の痛み症状の改善も可能です。。

松井院長

今回は、産後の不調の中で密かに多い「手首の腱鞘炎」のお悩みです。
当院では、産後の骨盤矯正と同時に、関節の痛みや症状に対しても対応しています。

このページでは、そんな腱鞘炎の症状でよくある質問などにお答えしています。
多くの患者さんの症状や経験も踏まえ、症状から当院の改善の考え方まで紹介しています。

産後の手首の痛み、腱鞘炎の症状とは?

産後に多い腱鞘炎の症状とは?

子育て抱っこしてると、手首がだるくて…
支えてる手首の関節がすごく痛くて、抱っこできないときもあるんです。

松井院長

それは、一般的に腱鞘炎と言われる手首の痛みですね。

産後の悩みとくに、子育てで同じ動きをしているときに、不調や痛みとしてよくある症状なんです。こんな症状に心当たりはありますか?

こんな身体の痛みや不調は、腱鞘炎の症状です。

  • 子どもを支えているときや、手首を動かすと関節が痛む。
  • 手のひら、親指の付け根、手の甲がジンジンと痛む。
  • 手の指や関節がこわばるようで、スムーズでない。
  • 動かした拍子に、「ズキッ」と強く痛むことがある。

これらの症状がある場合は、遠慮なくお伝え下さい。怪我にも対応できるスマイル接骨院だからこそ、腱鞘炎の症状にも適切に対応ができます。

産後の腱鞘炎の原因

腱鞘炎って、手首を頻繁に使っているときになる怪我なんじゃないんですか?

松井院長

漫画家さん、小説家さんのように酷使をしなくても、関節を固定し続けると、僅かな力でも関節やそれを支える腱が炎症を起こしてしまうんですよ。

確かに、赤ちゃんのクビを支えるためにずっと同じ形で抱っこしてる手首が痛むときあるわね。

松井院長

そうですね。
出産後はさらにいくつかの要素が重なって、手首を痛めやすい理由が揃ってしまっています。

出産後、子育てで腱鞘炎になる原因

  1. 10ヶ月の妊娠時の筋力の低下で、手首の関節に強い負荷がかかっている
  2. 子どもの抱っこ、あやすとき、ミルクを与えるなど、同じ格好や同じ姿勢を維持することが多い
  3. 子育て以外で、手首や体を使う機会が少なく、体の歪みを解消できていない
  4. どんどん成長する子どもの体重と同時に、同じ動作でも、負担が増えている

これら複数の要因で、腱鞘炎になりやすい状況が揃っているんです。

松井院長

子どもが大きくなるに連れて、どんどん負荷が増えるのも、知らないうちに腱鞘炎になってしまう悪いポイントです。

たしかに、重りをどんどん増やしているトレーニングしてるようなものなのね。

この手首の痛みは、抱っことかしなくなれば、よくなるもんなんですか?

松井院長

腱鞘炎というのは、指や関節の腱板と言われる組織の炎症です。
安静が有効なのは間違いありません。

でも、腱鞘炎が手首をよく使う仕事の人に多いように、子育てでも使い続けるからなってしまうものです。

それも踏まえ、気をつけてもらいたいことがあります。

気をつけるべきこととして

  • 手首をしっかりと休ませること
  • 手首だけでなく、指、ひじ、肩などをしっかり動かすこと
  • 左右を変えて抱っこするなど、偏りすぎないようにすること


手首だけに頼らず、腕全体、体全体で負荷を軽減できるようにして、回復できる程度に疲労を溜めないようにとすることが望ましいです。

松井院長

腱鞘炎は、炎症として怪我扱いではありますが、続いてしまうと、ばね指といった、関節がぎこちない動きになってしまう慢性症状となってしまうケースがあります。

そのため、日常のケアと、痛みを感じたらしっかり治療をしたほうがよいですよ。

産後の腱鞘炎にどんな施術をしてくれるの?

腱鞘炎に対して、スマイルさんでは、どんなことをしてくれるんですか??

松井院長

腱鞘炎に関しては、2つの治療の考え方で対応させていただいています。

  1. 患部への治療アプローチ
  2. 患部と連動して悪化する腕、ひじ、肩への上半身の整体

以上の2つの対応を行っています。

1.腱鞘炎の関節、手首への施術

関節のケア
STEP
微弱電流機器による施術

腱鞘炎は手首の腱板の炎症です。特に痛みがある場合などは、手首の関節の痛み、炎症を抑える目的で、特殊電気治療機器を用いた施術を行います。

STEP
関節をしっかりと支えるためにテーピングやサポーターの補助の提案

腱鞘炎は組織の炎症となるため、安静、休息が重要です。

スマイルでは、症状を抑え、手首に掛かる負荷の軽減として
●テーピング
●サポーター
による補助をおすすめするケースがあります。

2.腕、ひじ、肩を含めた上半身の整体

手首なのに、肩?背中?と思うかもしれません。でも、患部の痛みや不調は連動して、周囲の筋肉、関節の不調に繋がります。
肩やひじといった関節や筋肉が固くなって歪みによる不調、疲れも溜まりやすくなっているのです。

肩の施術 西尾市接骨院スマイル

接骨院スマイルの産後の矯正は、筋肉や関節を動かしながら、骨盤、骨格を整えてゆく整体を用いています。

この「動かしながら」がポイントです。

松井院長

手首だけでなく、体の歪みに対応し、関節や筋肉を機能させる目的があります。
10ヶ月の妊娠期に衰えた筋肉をしっかり目覚めさせる必要が産後の施術には重要になります。

なるほど、それで、上半身の矯正も行うんですね。
ちなみに産後の骨盤矯正と同時にやってもらえることはできますか?

松井院長

基本的に、2の整体に関しては、産後の骨盤矯正でも上半身の整体として、提供している内容と同じになります。

そのため、産後の骨盤矯正と同時に受けることは可能ですよ。

ただし、1回の整体に使う時間の中での対応となります。

では、産後の不調として、腱鞘炎の症状を伝えれば、手首や腕や肩を中心にやってくれるということですね。

松井院長

そうですね。
やはり、痛みや悩みが強いところから解消して、楽しく子育てしてほしいですからね。

不安がある部分を中心に対応させていただいています。関係する部分の症状確認も施術もしっかりと丁寧に行います。

不安があれば、LINEなどから予約を取る際に、メッセージ相談でお気軽に相談ください。

手首の症状はきちんと診てからでないと、症状の進行具合もわからないですが、楽になっていただける施術を提案させていただきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!